国際的な家族と子どもの問題でお悩みの方へ

「外国人の相手との夫婦関係がうまくいっていない。」
「国際離婚の手順を知りたい。」
「子どもの親権や面会交流について話がまとまらない。」
「子どもを連れて日本に帰国しようか悩んでいる。」
「相手に無断で、外国から子どもを連れて帰国した。」
「離婚を考えているが、複数の国に財産がある。」
「突然、外国の裁判所から訴状が届いた。」
「外国で離婚の裁判の手続きをするのに、現地の弁護士とやり取りをサポートしてほしい。」

このような問題でお困りではありませんか?

当事務所の弁護士は、国際的な家族と子どもの事件を多数扱っています。特に、国境を超える子どもの移動、ドメスティックバイオレンス、国際的な監護権争い・面会交流といった複雑な事情があるケースについて豊富な経験を有しています。

ハーグ条約については、これまでに、東京家庭裁判所、大阪家庭裁判所において、多数の事件を経験しているほか、これから日本に子どもを連れて帰国しようかと迷っている方からの相談も多く受けています。

国際離婚やハーグ条約は、一般の離婚事件とは異なり、専門的な知識・経験が必要とされる分野です。初動対応を誤ると、望ましい解決が得られないだけでなく、離婚ができない、子どもと会えなくなる、外国で不利な判決が一方的に言い渡されるなどといった深刻な事態を招きかねません。

そのような事態を避けるため、私たちにご相談ください。

なお、まだ離婚するかどうか迷っている、相手とうまくコミュニケーションが取れず悩んでいるといったご相談も歓迎です。どうぞ悩みをお聞かせください。きっと、気持ちが楽になることと思います。

主な取扱い事件

婚前契約書の作成・チェック
国際離婚手続き・在留資格の取得(外国籍の方)
国際離婚(親権・面会交流・養育費・財産分与・慰謝料請求・年金分割)
外国裁判所における離婚・一時帰国手続きへの対応(意見書の作成、外国弁護士への助言等)
子の奪取に関するハーグ条約(返還・面会交流・ADR)
国際的な認知・親子関係事件
国際養子縁組
国際相続・遺言
高齢外国人の財産管理

無料法律相談のご予約はこちら