藤本 圭子 Keiko Fujimoto

主な経歴

1995年 早稲田大学人間科学部卒業
2000年 弁護士登録
2017年~2018年 英国エセックス大学人権センター客員研究員

自己紹介

2000年から1年間、東京の法律事務所で弁護士として働いた後、2001年から2017年まで、広島で一般民事や女性の人権にかかわる問題(DV、セクシャルハラスメント、性暴力)に取り組んできました。2017年8月から一年間、日本弁護士連合会の推薦で英国エセックス大学人権センターの客員研究員としてDV政策について研究しました。今後も家事事件や女性の人権に関わる問題に取り組んでいきたいと思っています。依頼者の方の喜ぶ笑顔が私のエネルギーです。

所属団体・役職等

日本弁護士連合会 両性の平等委員会 特別委嘱委員
日本弁護士連合会 ハーグ条約に関するワーキンググループ 委員 
日本弁護士連合会 男女共同参画本部 幹事
外国人ローヤリングネットワークメンバー
ジェンダー法学会 会員
一般社団法人大学女性協会 会員

主な経験・実績等

日本弁護士連合会 ハーグ条約事件対応弁護士
広島市DV専門法律相談嘱託弁護士(2004-2005)
広島県児童虐待対応嘱託弁護士(2004-2009)
広島市社会福祉審議会委員(2004-2011)
広島市教育委員(2011‐2017)
広島県配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する基本計画(第3次)検討会委員(2015-2016)
広島弁護士会副会長(2016-2017)
広島市立大学人材育成事業外部評価委員会委員(2016-)

主な講演歴

広島清心女子短期大学 「労働法について」(2001)
広島弁護士会主催 市民法律講座 「結婚」「相続」「遺言」(2002,2003)
ひろしま女性大学人材養成課程学習プログラム 「女性と法律」(2002-2004)
広島学院中学校・高等学校 「セクシャル・ハラスメント研修」(2003)
中国税理士会 「民法における遺言と相続について」(2003)
広島県立食品工業技術センター 「セクシャル・ハラスメント研修」(2004)
広島修道大学 一般教養課程 「男女のつきあいにかかわる法律問題」「アルバイトをめぐる法律関係」(2004,2005)
広島ガス株式会社 人権学習会 「企業におけるコンプライアンス」(2004)
広島市民生委員大会 「個人情報の取り扱いについて」(2012)
広島市東区民生委員児童委員研修会 「個人情報の取り扱いについて」(2013)
広島市教育委員会 「セクシャル・ハラスメント予防のために」(2013-2017)
人事院中国事務局 「ハラスメント研修」(2014)
広島市立中学校 「いじめ予防授業」 (2015)
広島文化学園大学 「ハラスメント研修」(2016)
広島市 「DVの被害者支援に関する研修」(2016)

対応言語

日本語・英語